ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

歌川広重(うたがわひろしげ) 略歴

  • 幕末期に活躍した絵師・浮世絵師
  • 1797年 江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。本名安藤鉄蔵。
  • 1811年 歌川豊広に入門。
  • 1812年 歌川広重の名を与えられた。
  • 1858年 没。
  • ◎広重の作品はゴッホやモネなど海外の画家たちにも多大な影響を与えました。

歌川広重

水道橋駿河台

名所画を得意としていた浮世絵師・歌川広重が晩年に描いた『名所江戸百景』の中から厳選しました。江戸の四季折々の風景が広重ならではの視点から斬新なアイデアで描かれているとてもユニークな作品です。
ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図とともに、藍色の美しさで評価が高くその青は「ヒロシゲブルー」と呼ばれています。

本作品は、江戸東京博物館所蔵の初摺り作品を基に、現代の名工たちが7年の歳月をかけて完成させた復刻版『名所江戸百景』の中の1枚です。

版種 復刻木版画
画面寸法 縦33×横21.5cm
額(軸)寸法 縦50.5×横35.5cm
用紙 越前生漉奉書紙
価格 25,300円(消費税10%込)
その他

木製額付

関連商品