メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > 葛飾北斎『「凱風快晴 藍摺版(青富士)」「凱風快晴(赤富士)」額装2点セット【復刻木版画】』

葛飾北斎

「凱風快晴 藍摺版(青富士)」「凱風快晴(赤富士)」額装2点セット【復刻木版画】

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

葛飾北斎(かつしか ほくさい) 略歴

(1760~1849)
江戸本所割下水(現在の墨田区・両国付近)に生まれる。19歳の時、浮世絵界きっての巨匠・勝川春章に入門し「春朗」と号して役者絵などを描いた。のち狩野派をはじめ、大和絵や琳派、雪舟流、中国画など、各種の流派や画風を学習し、自己の作風へ吸収していった。
なかでも西洋画の影響は大きく、陰影法や遠近法を駆使した風景画はやがて名作「凱風快晴」を含む「冨嶽三十六景」へと大成してゆく。
北斎の旺盛な制作意欲は、肉筆美人画、狂歌絵本、読者挿絵など多分野に注がれ、『北斎漫画』全15冊、『富嶽百景』全3冊などを次々と生み出した。北斎は、生涯に亘って何事においても一点に安住することなく、自己改造・自己変革に努め、改号すること30回以上、転居すること93回という奇行は伝説的ですらある。
新しい表現の追求と旺盛な想像力のもとに生み出された作品は、西洋の画家たちに大きな影響を与え、今なお世界で最も有名な日本人画家のひとりとして記憶されている。

葛飾北斎

「凱風快晴 藍摺版(青富士)」「凱風快晴(赤富士)」額装2点セット【復刻木版画】

世界で七例しか発見されていない葛飾北斎〈冨嶽三十六景〉「凱風快晴 藍摺版」、通称「青富士」と呼ばれる珍しい作品をご存知でしょうか。ボストン美術館、ギメ美術館など国外三点、日本国内の個人蔵三点、そして茂木本家美術館の所蔵品の計七点です。

一九七五年刊行の書籍に紹介されて以来、浮世絵研究者のあいだでは様々な推論がなされてきましたが、この藍摺版誕生の謎は未だ解明されていません。

二〇一九年九月十日からすみだ北斎美術館にて開催された「茂木本家美術館の北斎名品展」には「凱風快晴」とならんでこの「凱風快晴 藍摺版」が陳列され、多くの話題を呼びました。 鋭い山肌の赤色、裾野の深緑が基調の「凱風快晴」とならび、清々しい藍のトーンのみで摺られた「青富士」作品は、同じ構図でありながら、色調や山肌のボカシなどの摺技法も全く異なり、二つを並べて見ることで、なぜこの作品が生まれたのか、という謎へと誘います。

この展示を契機に、「凱風快晴 藍摺版」の復刻プロジェクトが始まり、限定二百枚が完成しました。

この度は、「凱風快晴 藍摺版」「凱風快晴」の二点をセットにして、ご紹介いたします。

※作品のお届けに、ご入金確認後、約1カ月ほど頂戴いたします。

版種 復刻木版画
画面寸法 「凱風快晴 藍摺版(青富士)」:25.5×37.8cm/            「凱風快晴(赤富士)」:25.2×37.7cm
額(軸)寸法 各41×52.5cm
用紙 越前生漉奉書紙
価格 90,200円(消費税10%込)
その他

※2作品ともに、木製額付

      

●「凱風快晴 藍摺版(青富士)」:

限定200枚 番号入り・認証シール付き

原画:「凱風快晴 藍摺版」茂木本家美術館所蔵

監修:奥田敦子(すみだ北斎美術館主任学芸員)

      

●「凱風快晴(赤富士)」:

限定なし 芸艸堂シール付き

葛飾北斎(かつしか ほくさい) 略歴

(1760~1849)
江戸本所割下水(現在の墨田区・両国付近)に生まれる。19歳の時、浮世絵界きっての巨匠・勝川春章に入門し「春朗」と号して役者絵などを描いた。のち狩野派をはじめ、大和絵や琳派、雪舟流、中国画など、各種の流派や画風を学習し、自己の作風へ吸収していった。
なかでも西洋画の影響は大きく、陰影法や遠近法を駆使した風景画はやがて名作「凱風快晴」を含む「冨嶽三十六景」へと大成してゆく。
北斎の旺盛な制作意欲は、肉筆美人画、狂歌絵本、読者挿絵など多分野に注がれ、『北斎漫画』全15冊、『富嶽百景』全3冊などを次々と生み出した。北斎は、生涯に亘って何事においても一点に安住することなく、自己改造・自己変革に努め、改号すること30回以上、転居すること93回という奇行は伝説的ですらある。
新しい表現の追求と旺盛な想像力のもとに生み出された作品は、西洋の画家たちに大きな影響を与え、今なお世界で最も有名な日本人画家のひとりとして記憶されている。

  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら