ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

籔内佐斗司(やぶうち さとし) 略歴

  • 1953年 大阪市に生まれる
  • 1978年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
  • 1980年 同大学大学院美術研究科(彫刻専攻 澄川喜一研究室)修了
  • 1982年 同大学保存修復技術研究室にて古文化財の研究と修復に従事(1987年まで)
  • 2005年「籔内佐斗司の世界in 醍醐寺」(醍醐寺霊宝館ギャラリー及び庭園) 奉納演奏会「羯磨会 in 清水寺」「一日限りの籔内佐斗司展」(清水寺大講堂/京都)
  • 2006年「籔内佐斗司彫刻展 神霊的童子」(香港崇光百貨有限公司/香港)「三越美術部百年記念 籔内佐斗司彫刻展 百年童子」(日本橋三越及び各店)
  • 2007年「高島屋美術部100周年記念展 籔内佐斗司展~笑門来福~」(日本橋高島屋及び各店)
  • 2008年 平城遷都1300年祭り(奈良)公式マスコットキャラクター「せんとくん」発表
  • 2014年「籔内佐斗司 彫刻展」開催(島根県石見美術館)
  • 現在、東京藝術大学大学院文化財保存学教授、同学副学長

籔内佐斗司

2020年 干支ブロンズ『子(ね)』

"子"の文字には子孫繁栄や豊穣、また新しい始まりの意味がこめられています。起き上がりこぼしの仕掛けがされた、手のひらサイズの愛らしい吉祥作品です。

限定 300体
サイズ 高さ7.2×幅5.4×奥行6.0cm
素材 ブロンズ、鉛(鉛は起き上がりこぼしの重りとして使用)
価格 154,000円(消費税10%込)
その他

制作:2019年

証明:作品に作家自刻署名、限定番号、墨署桐箱付

  

撮影:遠藤桂

関連商品