メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > 十五代 沈壽官『薩摩籠目透香爐(さつまかごめすかしこうろ)②』

十五代 沈壽官

薩摩籠目透香爐(さつまかごめすかしこうろ)②

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

十五代 沈壽官(ちんじゅかん) 略歴

  • 1959年 鹿児島県に生まれる
  • 1983年 早稲田大学卒業
  • 1984年 京都市立工業試験場修了
  • 1985年 京都府立陶工高等技術専門校修了
  • 1986年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校入学
  • 1988年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校卒業
  • 1990年 大韓民国京畿道 金一萬土器工場にてキムチ壷製作修業
  • 1999年 十五代 沈壽官を襲名
  • 2001年 大韓民国・ソウル「世界陶磁器EXPO2001」出品
  • 2002年 米国・ニューヨーク「ASIA SOCIETY」にて「NEW WAY OFTEA」透彫香爐出品
  • 2006年 内閣総理大臣官邸 薩摩蝶乗花瓶 常設展示
  • 2010年 フランス・パリ・エトワール美術館にて「歴代沈壽官展」を開催
  • 2012年 麗水万博日本館サポーター任命/2013年 大韓民国慶尚北道青松郡名誉郡民に推戴される
  • 2014年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2017年 鹿児島陶芸家協会会長に就任。日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2020年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催

十五代 沈壽官

薩摩籠目透香爐(さつまかごめすかしこうろ)②

鹿児島の伝統工芸品・薩摩焼を代表する沈壽官窯の十五代(当代)沈壽官氏ならではの高い技術と優美さを備えた貴重な香爐作品です。
沈家は1598年の豊臣秀吉による朝鮮出征(慶長の役)の際、当時の薩摩藩主・島津義弘が朝鮮から連れ帰った陶工・沈当吉から約420年もの間続いてきた薩摩焼の窯元です。
それ以後、島津藩の御用達の器として重宝されていた白薩摩は、1873年のウィーン万博や1900年のパリ万博への出品により、その美しさと高度な技術が海外にも広く知れ渡ることとなりました。
きめ細やかな貫入が映える白い素地に施された伝統的な透彫りや絢爛豪華な錦手と十五代の感性が融合した香爐です。

限定 1点限り
サイズ 径12.0×高さ13.3cm
価格 1,430,000円(消費税10%込)
その他

共箱付

十五代 沈壽官(ちんじゅかん) 略歴

  • 1959年 鹿児島県に生まれる
  • 1983年 早稲田大学卒業
  • 1984年 京都市立工業試験場修了
  • 1985年 京都府立陶工高等技術専門校修了
  • 1986年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校入学
  • 1988年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校卒業
  • 1990年 大韓民国京畿道 金一萬土器工場にてキムチ壷製作修業
  • 1999年 十五代 沈壽官を襲名
  • 2001年 大韓民国・ソウル「世界陶磁器EXPO2001」出品
  • 2002年 米国・ニューヨーク「ASIA SOCIETY」にて「NEW WAY OFTEA」透彫香爐出品
  • 2006年 内閣総理大臣官邸 薩摩蝶乗花瓶 常設展示
  • 2010年 フランス・パリ・エトワール美術館にて「歴代沈壽官展」を開催
  • 2012年 麗水万博日本館サポーター任命/2013年 大韓民国慶尚北道青松郡名誉郡民に推戴される
  • 2014年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2017年 鹿児島陶芸家協会会長に就任。日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2020年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら