ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

柿右衛門窯(かきえもんがま) 略歴

柿右衛門の作品の大きな特徴の一つに、『濁手素地』と呼ばれる、柔らかく温かみのある乳白色の素地があげられます。
柿右衛門様式の美しい赤絵に最も調和する素地で、1670年代にその製法が完成したと言われています。
しかし江戸中期(1700年代)になると、「柿右衛門様式」に変わり金・赤を多用した「金襴手様式」が色絵の主流となったのに加え中国・景徳鎮磁器の輸出が再び本格化し、江戸幕府による貿易制限等国内情勢の変化も相まって、濁手の製作は一時中断を余儀なくされました。
その後時代は明治、大正、昭和と移り、濁手の復興が待ち望まれる中、十二代柿右衛門(1878生~1963没)はその子十三代柿右衛門(1906生~1982没)とともに長い間途絶えていた濁手素地を復元、記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択されました。さらにその製陶技術は1971年1月、各工程の特に優秀な技術者で構成される「柿右衛門製陶技術保存会(会長十三代酒井田柿右衛門)」の設立を機にその保存と育成が図られ、同年4月には国の重要無形文化財「柿右衛門(濁手)」として総合指定を受けます。

柿右衛門窯

白磁 子犬 置物【残部僅少】

犬は家族を大切にし、子孫をたくさん産むことから子孫繁栄や子宝を象徴する動物といわれ、また厄除けとしても飾られてきました。

本作品は十二代柿右衛門(1845ー1963年)の頃作られた原型から型取りし2017年に制作しました。愛くるしい作品からも十二代のデザインの柔軟さを知ることができます。

サイズ 径11.0×高さ8.4cm
価格 216,000円(消費税8%込)
その他

置き台、立て札付

関連商品