メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > 十五代 沈壽官『薩摩亀甲透蝶乗香爐(さつまきっこうすかしちょうのりこうろ)【残数僅少】』

十五代 沈壽官

薩摩亀甲透蝶乗香爐(さつまきっこうすかしちょうのりこうろ)【残数僅少】

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

十五代 沈壽官(ちんじゅかん) 略歴

  • 1959年 鹿児島県に生まれる
  • 1983年 早稲田大学卒業
  • 1984年 京都市立工業試験場修了
  • 1985年 京都府立陶工高等技術専門校修了
  • 1986年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校入学
  • 1988年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校卒業
  • 1990年 大韓民国京畿道 金一萬土器工場にてキムチ壷製作修業
  • 1999年 十五代 沈壽官を襲名
  • 2001年 大韓民国・ソウル「世界陶磁器EXPO2001」出品
  • 2002年 米国・ニューヨーク「ASIA SOCIETY」にて「NEW WAY OFTEA」透彫香爐出品
  • 2006年 内閣総理大臣官邸 薩摩蝶乗花瓶 常設展示
  • 2010年 フランス・パリ・エトワール美術館にて「歴代沈壽官展」を開催
  • 2012年 麗水万博日本館サポーター任命/2013年 大韓民国慶尚北道青松郡名誉郡民に推戴される
  • 2014年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2017年 鹿児島陶芸家協会会長に就任。日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2020年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催

十五代 沈壽官

薩摩亀甲透蝶乗香爐(さつまきっこうすかしちょうのりこうろ)【残数僅少】

薩摩焼の名窯・沈壽官窯の現当主、十五代沈壽官氏による新作香炉です。この度、日経アートのために特別にご制作をいただきました。

細かな貫入の入った美しい白薩摩の素地に、三足の高台には菊の葉、胴部には色とりどりの気品ある菊花が錦手(にしきで)によって豪華絢爛に絵付けられています。蓋部には沈家の代名詞ともいえる精緻な亀甲の透彫(すかしぼり)が剣先と呼ばれる手製の道具で丁寧に施され、その上に対の蝶をかたどった捻物(ひねりもの)が作り上げられています。

十五代の現代的な感性と高度な陶芸技術、また420年を超える薩摩焼の歴史と伝統への深い理解によって生み出された特別企画作品です。ぜひこの機会にお求めください。

限定 15点
サイズ 幅9.2×高さ10.8cm
価格 660,000円(消費税10%込)
その他

共箱付

※お届けまでに約6か月かかります。

十五代 沈壽官(ちんじゅかん) 略歴

  • 1959年 鹿児島県に生まれる
  • 1983年 早稲田大学卒業
  • 1984年 京都市立工業試験場修了
  • 1985年 京都府立陶工高等技術専門校修了
  • 1986年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校入学
  • 1988年 イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校卒業
  • 1990年 大韓民国京畿道 金一萬土器工場にてキムチ壷製作修業
  • 1999年 十五代 沈壽官を襲名
  • 2001年 大韓民国・ソウル「世界陶磁器EXPO2001」出品
  • 2002年 米国・ニューヨーク「ASIA SOCIETY」にて「NEW WAY OFTEA」透彫香爐出品
  • 2006年 内閣総理大臣官邸 薩摩蝶乗花瓶 常設展示
  • 2010年 フランス・パリ・エトワール美術館にて「歴代沈壽官展」を開催
  • 2012年 麗水万博日本館サポーター任命/2013年 大韓民国慶尚北道青松郡名誉郡民に推戴される
  • 2014年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2017年 鹿児島陶芸家協会会長に就任。日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 2020年 日本橋三越本店にて「十五代 沈 壽官展」を開催
  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら