ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

一四代平戸悦山 今村均(いまむらひとし) 略歴

  • 1942年 長崎県東彼杵郡折尾瀬村( 現・佐世保市三川内町)生まれる
  • 1961年 陶技術向上のため陶芸家 高鶴夏山に師事 一二代悦山 今村鹿男の指導を受ける
  • 1993年 「菊摘手桶水指」長崎県立美術博物館収蔵
  • 2006年 「lotus」イタリア共和国フィレンツェMuseo di Doccia(ジノリ美術館)収蔵
  • 2014年 「捻り細工技術」佐世保市指定無形文化財 指定
  • 2017年 「一四代平戸悦山 KAKUFUSA展」藤田美術館ホール(大阪)
  • 2019年 天皇陛下御即位を祝する献上品に白磁細工「菊花 虫かご」が選定
  • 2021年 「三川内焼 細工技術」の技術保持者として、長崎県指定無形文化財(工芸技術)に指定される

江戸時代のはじめ、純白の白磁づくりを成功させた「如猿」を祖に持つ窯元に生まれた、今村均氏。歴史と伝統を守りながら代々受け継ぐ、技巧に凝った平戸白磁の技術を昇華し、先人たちが残した名品に学び、先人たちを超える超絶技巧の作品と繊細優美な造形を生み出しています。 本作は磁土を手先やヘラなどの道具を用いた手法で満開の桜を華やかに蓋に配置した白磁のボンボニエールです。

サイズ 径:10.5×高さ:8.5cm
素材 白磁
価格 385,000円(消費税10%込)
その他

共箱付(桐箱) 「桜セレクション2021」に掲載

※1点1点手づくりのため、サイズや花びら等の形状は作品により若干異なります。

※ご注文からお届けまでに約3週間お時間をいただきます。

関連商品