メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > 松田百合子『JOMON【1点限り】』

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

松田百合子(まつだ ゆりこ) 略歴

  • 1943年 兵庫県生まれる
  • 1968年 京都市立美術大学陶磁器専攻科卒業 
  • 1983年 日本陶芸展(’73、’79、’81)
  • 1991年 ファエンツア国際陶芸展金賞受賞(イタリア) 
  • 1992年 現代国際陶芸展 優秀賞受賞(台湾国立歴史博物館)
  • パブリックコレクション 滋賀県陶芸の森・陶芸館、岐阜県現代美術館、バルセロナ陶芸博物館(スペイン)、ハワイ州立文化財団、ミネアポリスアートセンター(アメリカ)他多数

自然豊かな富士山麓の忍野村で作陶する松田百合子氏。お尻や足をモチーフにした、たおやかで健やかに生きる女性を象徴する作品を発表し続けています。松田氏の表現は一見、陶土(粘土)が向いているようですが、そうするとラフになりすぎるため、あえて選んで制作している磁土により、崩し過ぎない、独特のフォルムが可能となっています。伝統的な九谷焼の技法に忠実に、色の数を多様しない作品は、ポップで軽やかであるにも関わらず、どこかクラシックな印象さえ受ける不思議な魅力に溢れています。また、自家菜園で採れた野菜たちを磁土で型取りし、作品のエッセンスとしてユニークに用いており、海外でも高い評価を得ています。

本作・JOMONの本体はカボチャで、取手はカボチャの太い蔓がモチーフです。

 

限定 1点限り
サイズ 22.0×27.0×高さ31.5㎝
価格 440,000円(消費税10%込)
その他

※『陶磁器・工芸品特選 vol.7』カタログ掲載

共箱

松田百合子(まつだ ゆりこ) 略歴

  • 1943年 兵庫県生まれる
  • 1968年 京都市立美術大学陶磁器専攻科卒業 
  • 1983年 日本陶芸展(’73、’79、’81)
  • 1991年 ファエンツア国際陶芸展金賞受賞(イタリア) 
  • 1992年 現代国際陶芸展 優秀賞受賞(台湾国立歴史博物館)
  • パブリックコレクション 滋賀県陶芸の森・陶芸館、岐阜県現代美術館、バルセロナ陶芸博物館(スペイン)、ハワイ州立文化財団、ミネアポリスアートセンター(アメリカ)他多数
  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら

関連作品