ご購入の流れ

特集記事

トップページ > 特集記事 > ピックアップ特集 > 日経アート特別企画・十五代酒井田柿右衛門『濁手梅桜文花瓶』

日経アート特別企画・十五代酒井田柿右衛門『濁手梅桜文花瓶』

 

佐賀県有田町で370年を超えて継承される

名窯「柿右衛門窯」の現当主、十五代酒井田柿右衛門氏が

新元号「令和」の制定を記念し制作した

『濁手梅桜文花瓶』を限定30点にて特別販売します。

《カラーパンフレットのご請求はこちら》

 

 凛として上に伸びる枝の様が清々しく、新元号の由来にもなった紅白の「梅」と、咲き誇る「桜」が、当代ならではの繊細な筆致と色合いでそれぞれの面に描かれています。

 柔らかく温かみのある乳白色の「濁手」素地の下方部にむかってふっくらと丸みを帯びた優美な造形は、上品で卓抜した技量の絵付けを一層引き立てています。

 また、肩の部分を帯状に一周する「梅」と「桜」による地文風の文様も作品に新鮮な華やかさを添えています。

 

(各絵柄部分拡大)

(地文風文様部分拡大)

 

脈々と受け継がれる「柿右衛門様式」の伝統美に

当代ならではの新しい感性が調和した特別企画作品です。

ぜひこの機会にお求めください。

《パンフレットをご請求ください》

___