ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

島津薩摩切子(しまづさつまきりこ) 略歴

1846年 薩摩藩におけるガラスの製造は島津家27代島津斉興の代に始まり、江戸から当時硝子師として著名であった四本亀次郎を招聘しガラス瓶などを製造させた。
1851年 28代島津斉彬が藩主になるとガラス工場「集成館」で切子の他瓶類や板ガラスなど様々な種類の硝子器を製造。花園跡製煉所(鹿児島城内)において着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・紫・緑等の発色に成功するなど飛躍的な発展を遂げる。
1858年 斉彬の急逝による財政整理のため集成館事業は縮小、さらには1863年の薩英戦争で工場は焼失して大打撃を受ける。
1877年(明治10年) 西南戦争前後に薩摩切子の技術は跡絶える。
1985年 鹿児島市磯に薩摩ガラス工芸が設立。
2005年 斉彬ゆかりの新色島津紫を加える。
1986年3月、本工場が完成し色の研究も始まる。
1989年 鮮やかな黄色の発色にも2年の歳月を要して成功、その後も数年間研究が続けられている。

島津薩摩切子

「蕾杯」(真珠白)

島津家28代当主・島津⻫彬の命により幕末に⿅児島で誕⽣した薩摩切⼦。
歴史の中で製造が途絶え、⽂字通り〝幻〟のガラス⼯芸品でしたが、百年の時を経て職⼈たちの努⼒と熱意によって復活を遂げました。
卓越した匠の技が作り出す気品⾼く繊細なカットと圧倒的な⾊彩美で、江⼾時代に作られた当時の姿を今に伝え、重厚な存在感を放っています。

サイズ 径4.8×高さ5.8cm 容量:40cc
価格 38,500円(消費税10%込)
その他

・桐箱付

関連商品