ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

ドーム兄弟(どーむきょうだい) 略歴

社主一族の名を冠したドーム社の歴史は1878年に始まる。仏東部地方モゼル県の公証人であったジャン・ドーム(1825-1885)が、経営破綻した「ヴェルリー(「ガラス工場」の意)・サント・カトリーヌ」をこの年に買収したのがその発端である。ジャン・ドームは創業時から経営者たちと親交があり、彼らに資金援助を行っていた。彼の死後、工場経営は二人の息子オーギュスト・ドーム(1853-1909)とアントナン・ドーム(1864-1930)に引き継がれた。その後、弟アントナンの主導で1891年頃から芸術的な製品に力を注ぐようになって、同社は大きな躍進を遂げて行く。

ドーム社が芸術的にも商業的にも成功を収めたのが照明器具の分野であった。ドーム社では1898年あたりからすでに照明器具を手掛けており、ガレ商会に先駆けて、この分野のパイオニアであった。

1900年パリ万博ではドーム兄弟にグランプリ(グループXII、クラス73、ガラス製造者部門)が、また、その協力者のアンリ・ベルジェにもメダルが授与されている。1904年には、アマルリック・ヴァルテール[ワルター](1870-1959)がドーム社に加わり(1903年11月契約)、パート・ド・ヴェールの製造に携わった。1906年からはアンリ・ベルジェのデザインにより、トカゲ、蛾、蜂といったモチーフのパート・ド・ヴェールがヴァルテールによって制作され、商業的な成功を収めた。第一次大戦後ヴァルテールはドーム社を離れ、自身の工房をナンシーに構えている。ドームの工房は1905年には400人以上の人員を抱えるまでの大規模なガラス・メーカーに成長していた。ドーム社はナンシーに現存するガラス・メーカーだが、創業者のドーム一族による経営は1987年に途絶えている。

ドーム兄弟

スミレ文花瓶

透明ガラス素地に白と紫のガラス粉末を溶かし込んだ幻想的な斑紋地に、酸で腐蝕し霧氷模様と浅いレリーフを施し、エナメル彩でスミレの花、葉、茎を可憐に映しとっている。やや青みの濃い紫は、スミレ色と呼ばれ日本でも平安時代から愛されてきた伝統色。スミレの生命溢れる蕾と、今まさに花開き、そしれこぼれおちるはかなげな姿で生の営みが描き出されている。素地に溶かし込んだ紫が、スミレの花と重なり合って麗しき美を感じさせる優品。北澤美術館に同一の意匠の作例が所蔵されている。

限定 1点限り
サイズ 高さ 35.2cm 口縁部径 14.0cm
価格 6,264,000円(消費税8%込)
その他

・サイン:底部に金彩で《Daum / Nancy / ‡ 》

・鑑定証:ヨーロッパ美術品鑑定人組合発行(C.E.C.O.A/本部パリ)

関連商品