メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > カタログ『親子二代の競演『萩焼・唐津焼』』

カタログ

親子二代の競演『萩焼・唐津焼』

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

カタログ

親子二代の競演『萩焼・唐津焼』

【萩焼】波多野指月窯:波多野善蔵・波多野英生

【唐津焼】隆太窯:中里太亀・中里健太

茶の湯の世界では「一楽二萩三唐津」と言われてきました。

桃山時代に大陸から渡ってきた焼き物は、山口県・萩と佐賀 県・唐津の地で「経年優化」を味わうという共通点を持ちな がらも、それぞれの形で発展してきました。今回は茶陶だけでなく器や酒器なども取り揃え、萩・波多野家と唐津・ 中里家の作品をご紹介いたします。

萩焼の重鎮として傘寿を迎えた波多野善蔵氏は、佐賀県唐津の出身であったことから、幼い頃は中里家と交流がありました。そんな縁もあり、今回のコラボレーシ ョンが実現しました。

萩と唐津 ー そして、波多野善蔵氏(70代)、中里太亀氏(50代)、 波多野英生氏(40代)、中里健太氏(20代)と、四つの世代が揃い、四者四様の作品をご紹介いたします。

新しいうつわとの出会いをお楽しみください。

  • 資料請求はこちら