ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 『人間国宝 十四代今泉今右衛門展』(4月23日まで開催中)【終了しました】

『人間国宝 十四代今泉今右衛門展』(4月23日まで開催中)【終了しました】

 4月17日より、東京・日本橋の髙島屋S.C.にて『人間国宝 十四代今泉今右衛門展』が開催中です。

 今右衛門氏は、2004年(平成16年)に十四代を襲名。そして2014年(平成26年)には、陶芸家としては 最年少で重要無形文化財保持者(人間国宝)に「色絵磁器」で認定を受けました。

 東京で開く個展には必ず新作を発表されるのですが、本展でも「松に雪」の絵柄が大胆に描かれた蓋付きの大瓶や、縁起の良い宝尽くし文様の八角形の皿、イチョウの文様がデザイン的に入った花瓶など初お目見えの作品が多数あり、当代の限りない想像力の豊かさとその作品のすばらしさに感嘆しました。

 40点弱の作品が広い会場にゆったりと展示され、しばし贅沢な気分に浸れます。当代は21日(日)まで会場にいらっしゃるとのこと。ぜひお出かけください。

  

『人間国宝 十四代今泉今右衛門展』

会期:2019年4月17日(水)-23日(火)
※最終日は午後4時閉場
会場:日本橋髙島屋S.C. 本館6階美術画廊
東京都中央区日本橋2-4-1
※展覧会詳細は日本橋髙島屋S.C.公式ホームページでご確認ください。

2019.04 今右衛門展(高島屋).jpg

 

日経アートでも今泉今右衛門氏の作品を取り扱っています。⇒ 『色絵墨色墨はじき唐花更紗文花瓶』