ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 足立美術館に行ってきました

足立美術館に行ってきました

島根県にある足立美術館に行ってきました♪

20190519_102511.jpg

↑撮影した場所のすぐ横に「寿楽庵」というお茶室があり、お庭を眺めながらお抹茶をいただけました。横山大観の≪白沙青松≫をモチーフにした白砂青松庭というお庭だそうです。手前の池には大きな鯉が泳いでおり涼しげです。
_

 訪れたころは春季特別展「横山大観をめぐる人物相関図 日本画家のつながり」を開催中で、足立美術館の一大コレクションである横山大観 (日経アートでも作品を取り扱っています ★こちら) の作品はもちろん、大観と親交のあった川合玉堂 (★) 、前田青邨 (★) 、安田靫彦 (★) ほか巨匠たちの作品が展示してありました。

わたしはその中でも川端龍子作の≪水煙≫という作品が特に印象的でした。モノクロ調で もうろうと白い水煙を上げながら落ちる滝の柱のみが画面からはみ出すほど大きく描かれており、昭和はじめの作品ではありましたが、何となく現代アートにも通じる様な趣がありました。
_

 新館の展示室では、日経アートとも関わりの深い清水操先生 (★) や、山田伸先生 (★) 、井出康人先生 (★) の作品も展示中の「現代日本画名品選Ⅰ 平成の日本画 時代を彩る画家たち」も同時開催されていました。見上げるほどの大画面に描かれた迫力ある力作ばかり、たいへん見ごたえがありました。こちらの展示は来月7月9日まで開催中ですのでぜひ足をお運びください。

(※展示詳細は足立美術館のホームページをご覧ください。)