ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 澄川喜一『そりとむくり』横浜美術館にて※全館臨時休館中

澄川喜一『そりとむくり』横浜美術館にて※全館臨時休館中

◎美術展へお出かけの際は、各美術館及び主催者のホームページ等、最新情報をご確認ください。

↓↓↓ 横浜美術館ホームページより ↓↓↓

*全館臨時休館のお知らせ*

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、横浜美術館は当面の間、全館臨時休館いたします。
最新の状況につきましては、サイト内「お知らせ」にて随時ご案内申し上げます。
お客様のご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

===========================================

 

戦後の抽象彫刻のパイオニアとして、東京スカイツリー®のデザイン監修など公共の大規模プロジェクトを含む多彩な創作を展開してきた澄川喜一先生の60年を超えてなお旺盛な活動を回顧する展覧会が横浜美術館にて始まりました。

100点余りの様々な作品や資料が展示された大規模展です。ご本人によるギャラリートークやワークショップ、記念対談などのイベントも予定されていますので、ぜひお早めに展覧会ウエブサイトをご覧の上おでかけください。

 

1.jpg

1.jpg

 

 


抽象彫刻のパイオニア

 澄川喜一 そりとむくり   

  会場:横浜美術館 (神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)

  期間:2020年2月15日(土)-5月24日(日)まで ※休館日:木曜日

  開館時間:午前10時-午後6時 ※入館は閉館30分前まで/5月の金曜・土曜は午後8時まで

1.jpg 1.jpg

   千年を越す法隆寺など歴史に残る木造建築は、

棟梁が山の木を見て、山の南側で育った木は建物の南側に、

北側で育った木は北側に使ったと言われています。

木は生きているのです。

木の声を聞きながら「そりのあるかたち」を

削りだしたいと思っています。 

澄川喜一

 

◆日経アートのHPから、澄川先生の作品をご購入いただけます。作品はこちら>>>