ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 瀧下和之氏『桃太郎図ノ祭典』全16作品を発売

瀧下和之氏『桃太郎図ノ祭典』全16作品を発売

昔話の「桃太郎」に登場するような鬼をメインモチーフにした独自の表現で、現代の日本美術界において
異彩を放つ瀧下和之氏。
その瀧下氏と日経アートが「スポーツをする鬼」をテーマに3年前から企画。
この度全て描き下ろしの16点の本画作品を発売します。題して『桃太郎図ノ祭典』。

      ー みんなが注目する晴れの舞台で、
         自身の力を出し切る〝勝負の鬼〟たち。ー 

瀧下氏が言うように、鬼たちが真剣にテニスやバレーボール、リレーや野球に臨んでいます。
でもよく見るとボールが桃だったりバトンやバットが金棒だったり・・・。
まさに瀧下ワールド全開、コミカルにその様子が描かれています。

また鬼はもとより一緒に登場する犬や猿、雉たちの目や輪郭をあえて左手で描く〝ゆらぎの線〟が
作品を一層ユニークな雰囲気にしています。思わず微笑んでしまうような、そんな和やかな作品です。

『桃太郎図ノ祭典 鬼ケ島でサービスエース。』(テニス)

 

                                                      『桃太郎図ノ祭典 鬼ヶ島でナイスレシーブ。』                                             (バレーボール)

                                   

   『桃太郎図ノ祭典 鬼ヶ島でバトンタッチ。』 (陸上)                                       

                                   
  

 『桃太郎図ノ祭典 鬼ヶ島でセーフティ。』                                         (野球・ソフトボール)
 

※各作品1点限りです。売約済みの際はご容赦ください。