ご購入の流れ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 春を迎える「梅セレクション」

春を迎える「梅セレクション」

日経アート・3月恒例の「桜セレクション」では

毎年選りすぐりの桜作品をご案内しており、ご好評をいただいております。

 

そこで(?)今回は、「梅セレクション」をご案内します!

=========================================

まず一押し、十五代沈壽官先生の「薩摩置物 花の兄」。

年が明けて最初に咲くことから、梅を「花の兄」と呼ぶそうです。

 hananoani[1].jpg

薩摩置物(花の兄)【1点限り※売約済み】

価格:275,000円(消費税10%込)

 

こちらは植木鉢から梅の幹・花までが一体となっています。

白薩摩を生かした錦手が華やかな鉢と、 捻り物による特徴的な梅の堅い樹幹、

控えめに春を知らせる紅白梅。 異なる質感、存在感が薩摩焼だけで表現されています。

見るにつけホッとするような、優しく春を告げる作品です。

 

 

=========================================

お次は純銀玉盃「うめいちりん」。

白梅と紅梅のセットで、しっかりとした大きさのサイズです。

純銀玉盃「うめいちりん」白梅・濃紅梅大セット

価格:105,600円(消費税10%込)

 

写真でお伝えすることがとても難しいのですが、

白梅は盃の中を覗き込むと、屈折によって梅のかたちが内側に映り込む、

純銀の輝きを生かした、とても不思議な盃です。

紅梅は、伝統工芸士の方による本漆塗りです。

こっくりとした色がかわいらしくもあり、上品でもあります。

お祝いの席などにいかがでしょうか?

長寿のお祝いや結納もご自宅で…となると、

こんな特別な盃なら記念品にもなって素敵ですね!

 

=========================================

絵も掛け替えると、お部屋の雰囲気が変わります。

加山又造先生が描いた紅梅は、日本画の趣とデザイン的なポップさが同居し、

また背景の色もあって、他にはない「明るい梅」の姿を感じさせてくれます。

紅梅【残部僅少】

価格:261,800円(消費税10%込)

※額装などに2週間ほどお時間をいただきます。

 

桜に比べて渋いイメージがある梅ですが、

この作品を見ると、落ち着きの中に光る《粋》の精神を感じます。

枝の根本は見えませんが、ひし形の構図の中央に ほぼ水平に伸びた枝が安定を感じさせ、

それらを縁取るような紅梅がリズミカルに並んでいます。

また濃淡をつけつつも強すぎない調子で描かれた枝に対し、

梅はよく見ると色々な方向を向いており、平面と立体のバランス感覚が

 奥ゆかしい塩梅で、 要素が多い作品ではないのですが、いつまでも見ていられる作品です。

 

=========================================

最後に、速水御舟先生の「瓶梅図」。

絵としての気品や華やかさはご覧いただいた通りと思いますが、

この枝が、本当に良いです。これもずっと見ていられます。

hananoani[1].jpg

瓶梅図

価格:203,500円(消費税10%込)

 

このスッとした描線の美しさ、ぜひ間近でお楽しみいただきたいです。

うねりながらも堅く円熟した古枝も、青々としなやかな若枝も、

清潔感に満ちた、潔く、淀みのない、美しい線です。

かわいらしい乙女のような紅白の梅を綻ばせるその枝は、

なんと花瓶の高さの5倍近くまで凛凛と伸びています。

 

収まるべきところへ収まりつつも、その器をゆうに超える躍進を見せつけるようで、

この時勢において、何だか励まされるような思いすらします。

 

=========================================

以上、個人的におすすめの「梅セレクション」をお送りしました。

気になる作品がございましたら、お気軽にお問合せください。