メインコンテンツへスキップ

日経アートからのお知らせ

日経アートからのお知らせ

トップページ > 日経アートからのお知らせ > 濱田窯90年 濱田窯三代とバーナード・リーチ展

濱田窯90年 濱田窯三代とバーナード・リーチ展

日本橋三越本店で開催中の「濱田窯90年 濱田窯三代とバーナード・リーチ展」

90th Anniversary of Hamadagama Pottery /Three Generations of Hamadagama Pottery and Bernard Leach Exhibition. にいってきました。

初日には、広い会場でに濱田友緒先生が来場者を迎えられ、丁寧に作品の説明をされていました。

バーナード・リーチ氏の作品とともに、濱田庄司氏の作品、

そして濱田窯を受け継ぐ、濱田晋作氏、濱田友緒氏の三代の作品が一堂にご覧いただけます。

三越 濱田窯1.jpg

 

 およそ100年前、日本で友人となった濱田庄司とバーナード・リーチはイギリスのセントアイヴスに渡り共に窯を築きました。民藝運動にて交流し、用の美とは何か、手仕事の美とは何かを、それぞれの経験や考え方を出発点として追求し、今日の工芸の在り方に大きく貢献しました。 2020年に開窯100年を迎えたリーチ工房、本年開窯90年を迎える濱田窯を記念し、益子×セントアイヴス100年祭事業とした合同展です。

 

三越 濱田窯1.jpg 三越 濱田窯1.jpg

会場入って正面にみられる記念ロゴは、庄司氏とリーチ氏の二人を結びつけた、当時技法が途絶えて忘れ去られていた「スリップウェア」の技法で描いた二人の似顔絵になっていて、記念すべき「100」の数字も表しています。庄司氏とリーチ氏が100年前に築窯したリーチポタリーがきっかけで始まった2つの都市の交流が、 次の100年にも続いていくようにと、願いを込めて二人は同じ方向(未来)を見据えた素敵なデザイン。なかなか訪れることが叶わない現状、セントアイヴスの町並みを思い浮かべながら作品観覧を楽しみました。

 

==========================

濱田窯90年 

濱田窯三代とバーナード・リーチ展

 

会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊

会期:2021年8月4日(水)-8月9日(月・振替休日) 最終日は午後5時終了

 

新型コロナウィルス感染症対策のため、会期等が変更になる場合があります。

お出かけ前に詳細のご確認をお願いいたします。

日経アートでご購入いただける濱田友緒氏の作品は こちら>>>