ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

小谷野直己(こやの なおき) 略歴

  • 1963年 埼玉県狭山市に生まれる
  • 1988年 東京藝術大学日本画科卒業
  • 1992年 神奈川県展・特別奨励賞受賞
  • 1998年 外務省・自治省作品買上
  • 2000年 秋の院展初出品入選
  • 2003年 日本美術院院友推挙となる
  • 現在 各地で個展・グループ展を開催
日本画 売約済み

小谷野直己

不二(瑞風)

日本美術の特長は四季をめぐる自然美に花鳥風月の機微をとらえ、その姿を絵画や意匠に象徴的に表現するところにあります。

岩礁を呑み込むような波濤の「動」に対比して、「静」の姿を見せる富士の山。

波に散る海水のしぶきは「砂子手法」、岩と松の一群には塗り重ねて盛り上げた胡粉の上に金箔を貼る「盛り金箔」」技法が使われています。

琳派の特徴である平面的な表現に小谷野直己の美意識が加わり、写実を超えた高貴さと風雅を精華とする現代琳派が誕生しました。

限定 本画につき一点限り
画面寸法 41.0×53.0cm
額(軸)寸法 58.0×70.0cm
価格 770,000円(消費税10%込)
その他

関連商品