ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

那波多目功一(なばため こういち) 略歴

  • 1933年 父・煌星(日本美術特待)の長男として茨城県那珂湊(現在のひたちなか市)に生まれる
  • 1950年 第35回院展に「松山」が初入選。松尾敏男に師事
  • 1984年 第69回院展で「うすれ日」が日本美術院賞受賞。日本美術院特待となる
  • 1985年 春の院展で「小春日」が外務大臣賞受賞
  • 1986年 第71回院展で「耀」が日本美術院賞、前田青邨賞受賞
  • 1995年 第80回院展で「寂」が文部大臣賞受賞
  • 1999年 第84回院展で「富貴譜」が内閣総理大臣賞受賞
  • 2000年「富貴譜」が日本芸術院賞受賞
  • 2002年 日本芸術院会員となる
  • 2005年 茨城県から特別功績者として表彰される
  • 現在、日本芸術院会員

現代日本画壇を代表する那波多目功一氏による貴重な本画作品です。

昇り始めた初日の出の光が空と海を繊細な陰影とともに彩っていく情景が、写実的かつ優美な筆致で描写された逸品です。

画面寸法 24.3×33.4cm
額(軸)寸法 44.1×53.3cm
価格 2,200,000円(消費税10%込)
その他

・作家直筆サイン・共シール付

関連商品