ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

武蔵川 義則(むさしがわ よしのり) 略歴

螺鈿師
1949年 富山県高岡市に生まれる
1972年 父・建三に師事し、螺鈿技術の修行に入る。
1983年 皇太子殿下・妃殿下御来高の折、父・建三と共に御前実演を行う
1985年 高岡市伝統工芸産業優秀技術者表彰受賞
1986年 労働大臣指定1級漆器製造(螺鈿作業)技術士第一号に認定される
1996年 通商産業大臣認定資格伝統工芸志に認定される
2007年 富山県高岡市伝統工芸産業技術保管者認定される

武蔵川 義則

螺鈿飾箱 歌舞伎役者絵(貝入)

螺鈿(らでん)とは、夜光貝その他の貝類を彫刻して漆地や木地などにはめこむ技法。富山県伝統工芸。

「螺」は、螺旋状の殻を持つ貝類のこと。

「鈿」は、金属や貝による飾りを意味している。

サイズ 縦16.7×横16.7×高12.0cm / ふた 高9.0cm / 内側 台3.0×高8.0cm
価格 495,000円(消費税10%込)
その他

材質:木、本漆

被せ箱を取ると中はボックスの状態です。

※お届けまでにお時間をいただく場合がございます。

関連商品