ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

向吉悠睦(むこよし ゆうぼく) 略歴

1961年 鹿児島県に生まれる
1980年 松久朋琳師宗琳師(京都仏像彫刻研究所)に内弟子として入門
1988年 第16回京都府工芸産業技術コンクール佳賞「聖観音」
1991年 第18回京都府工芸産業技術コンクール奨励賞「毘沙門天」。「あさば仏教美術工房」設立(内弟子12年で独立)
1993年 第20回京都府工芸産業技術コンクール優賞グランプリ「聖観音」
1994年 高野山勧学院「国宝大日如来レプリカ」制作。第22回京都府工芸産業技術コンクール招待(以降5年)
1995年 大徳寺総見院に等身「古渓宗陳像」を収める
1996年 大阪大本山法楽寺三重塔内大日如来造仏。高野山根本大塔五智如来像御修復
1997年大阪大本山法楽寺より「大仏師号」を賜る
1999年 淡路八浄寺に大日如来、七福神を納める。淡路八浄寺より「大仏師号」を賜る
2000年 正法山大観寺に本尊大日如来他五体を納める
2001年 三越東京日本橋本店にて個展
2003年 千手院観音庵に金剛界大日如来、胎蔵界大日如来、十一面観音菩薩を制作。総本山根来寺愛染堂に愛染明王像を制作
2004年 奈良壷阪寺に「夫婦観音」を納める。四国八十八ヶ所82番根香寺五大明王の内・不動明王像修復(鎌倉の銘文が出る)
2005年 四国八十八ヶ所82番根香寺五大明王の内・軍荼利明王像修復
2006年 四国八十八ヶ所82番根香寺五大明王の内・大威徳明王像修復。貧如の一燈「照の像」を制作
2009年 醫王寺に不動明王像を納める
2010年 東京西新井大師徳壽院に本尊大日如来を納める。東京西新井大師徳壽院より「大仏師号」を賜る
2011年 阿含宗九州本部に準提観音を納める。京都阿含宗に准胝観音とお色目直しの恵比寿大黒天を納める。京都大徳寺龍光院頂相像四体を御修復。阿含宗本山に準提観音、龍神不動明王、龍神愛染明王を納める
2012年 三越東京日本橋本店にて50回目の個展を催す。京都阿含宗に宝船を納める。阿含宗北海道本部に準提観音を納める。阿含宗関西総本部に準提観音、不動明王を納める。チャールズ・レイ氏の依頼でフランスのパントマイマー、マルセルマルソーの彫刻を始める。NHK大河ドラマ「平清盛」に仏師として出演ブータンへ取材旅行と法要参列
2013年 京都智積院不動明王矜羯羅制吒迦三尊の御修復、阿含宗山口道場に愛染明王を納める。阿含宗広島本部に準提観音を納める。阿含宗東海本部に準提観音・龍王ブロンズを納める
2014年中山寺に弘法大師像、役行者像を納める。三越東京日本橋本店にて「第2回あさば一門展」を開催する。エリック・クラプトン氏に毘盧遮那仏龕を納める
2015年 ブータン国王様に「不動明王仏龕」と皇太后様に「ヴァジュラダーラ仏龕」を納める。東久邇宮記念賞
2016年 三越東京日本橋本店にて個展。ホメオパシックエデュケーションに阿弥陀如来・薬師如来を納める。龍泉寺に十大弟子の内、三体を納める神顕寺に吉祥天を納める。阿含宗本山に大黒天・役行者・千手観音を納める栗東寺に将軍地蔵を納める
2017年 新健康協会に千手観世音菩薩を納める。中山寺に四如来を納める
2018年 高島屋大阪難波店にて個展。「大天使」制作開始

現在は本拠地の大阪にて仏像彫刻講座を開き、また全国の有名百貨店にて個展を
行うなど仏像の普及へ精力的に活動している

向吉悠睦

聖観音半跏像(しょうかんのんはんかぞう)

私の作品の中で半跏座の仏像は少ないですが、雰囲気があって好きな姿です。通常の聖観音とは違い、ゆったりとした姿で捉えています。また、持物の蓮華を大きく作り、観音としての働きとその期待度が大きくなっています。截金で全身を包むことで観音の華やかさと神々しさを表現致しました。

――向吉悠睦

限定 1点限り
サイズ 高さ39.5× 幅22.0× 奥行22.0 ㎝
素材 木曽檜、截金仕上げ
価格 4,290,000円(消費税10%込)
その他

制作年:2020年

共箱付き

  


【大仏師とは】

大仏師とは元来、総本山または大本山といわれる寺院から出された、仏師に対する総棟梁としての「称号」です。古くは平安中期ごろに組織化された仏像制作者の主長、また造像に従事した棟梁に対する呼称として使われはじめました。
寺院の伽藍(境内)には本堂・講堂・金堂・仁王門などがあり、整備の最後の仕上げとして塔(三重塔・五重塔・多宝塔など)が建立されます。そして本尊を造仏した仏師に「大仏師号」が与えられたのです。
その総仕上げのご本尊を造仏する仏師は全国から選ばれますが、技量や人格もさることながら、伽藍の整備には250年近くかかったものもあることから、その時期に巡り合う「御縁」もなければ大仏師となることはできません。それほど大仏師の称号を得ることは容易なことではありません。
現在大仏師号を賜っているのは 全国で7名。そのうち複数の寺院から大仏師号を受けているのは、向吉氏の知る限りでは氏を含め2名だけとのことです。「大仏師」とは、現代においても由緒ある名刹より拝命を受け仏師として技術を極めた者のみが名乗ることを許される最高峰の称号です。

関連商品