ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

三浦耀山(みうら ようざん) 略歴

1973年 埼玉県に生まれる
1996年 早稲田大学政治経済学部卒業後、一般企業に勤めるも、かねてより憧れていた仏師を目指す
1999年 滋賀県在住の大仏師渡邊勢山に師事。以後13年にわたり師のもとで数多くの仏像彫刻・修理に携わる
2011年 雅号を「耀山」とする
2012年 独立拠点を京都市に移し活動を始める

三浦耀山

聖観音菩薩像 祈(しょうかんのんぼさつぞう いのり)

「祈」と名付けられたこの作品は、様々な悩みや煩悩から逃れたいという人びとの願いを大いなる慈悲の力で救うといわれる観音菩薩の姿が表現されています。仏師・三浦耀山氏によって精緻に彫りこまれた木曽檜の像に、木彫彩色師·篁千礼氏の手筆で丹念な彩色が施されています。蓮華の花を象った光背や台座はむしろ飾り立てず、また通常は金色に彩色される光背裏や台座の下部分はあえて落ち着いた銀色を基調とした荘厳で品のある逸品です。

限定 1点限り
サイズ 高さ30.0×幅15.0×奥行12.0㎝
素材 木曽檜
価格 1,056,000円(消費税10%込)
その他

制作年:2019年

共箱付き

  



【篁千礼(たかむら ちひろ)略歴】

1962年 東京都に生まれる/1987年 彩色木彫作家の平野富山氏に入門。富山氏亡きあとは後継の平野千里氏に師事。以後20数年にわたり修行を積む。仏像のほか縁起物・歌舞伎・能等の古典芸能を題材とした様々な木彫を手掛ける。代表作は「孔雀明王」「吉祥天」等(平野千里の木彫 西宮正明著 光村推古書院2001年11月参照)/2012年 平野氏より独立しアトリエ「篁千礼彩色研究所」を設立。手筆の温かみを感じる誰にでも楽しめる作品から芸術性の高いものまで、幅広い創作活動を展開する

関連商品