ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

フィンセント・ファン・ゴッホ(ふぃんせんと・ふぁん・ごっほ) 略歴

1853年 オランダ南部のフロート・ズンデルトに生まれる

ポスト印象派(後期印象派)を代表する画家。日本の浮世絵の影響を強く受け、強烈な色彩と大胆なタッチで比類ない独自の画風を確立した。

1888年2月 フランス南部アルルに移り住み、「夜のカフェテラス」をはじめ「アルルのはね橋」「ひまわり」など、代表作を次々と描く。同年9月には「星降る夜」を制作。生前、その作品はほとんど人々に知られることはなかったが、死後、世界的な名声を博した。

1890年 37歳の若さで死去。

フィンセント・ファン・ゴッホ

アルルのはね橋-ラングロワの橋-ラージフレーム(原寸大)

青く晴れわたる空。空の青さを映し出す、透きとおる川。オレンジ色の土手。鮮やかな緑の草。アルルで出会った光と鮮やかな色。

版種 デジタル・プリンティング・アート(超高精細インクジェット転写方式)
限定 500部
画面寸法 54×65cm
額(軸)寸法 66.5×77.5cm
重量 約4kg
用紙 特製グラフィック・アート・キャンバス地
価格 89,047円(消費税10%込)
その他

原画所蔵:クレラー=ミューラー美術館(オランダ・オッテルロー)

監修・解説:千足伸行(成城大学名誉教授)

証明:所蔵美術館サイン入りの「複製許可認定証」を額裏に貼付※限定番号を認定証に記載

発行:小学館/発売元:小学館イマージュ

関連商品