ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

イーダ・ヴァリッキオ(いーだ・ぶぁりっきお) 略歴

  • 1923年トルコのイズミールに生まれる。
  • 1942年オスカー・サコロティ氏に師事し絵画を学ぶ。
  • 1947年トリノ(イタリア)で初の個展開催。
  • 1967年サンフランシスコに移住。
  • 1970年イタリア美術界のフーズフー(who's who)に掲載される。
  • 1972年サンタローサにイーダズギャラリーをオープン。
  • 1979年イタリアンプレス誌に”アメリカで最も成功したイタリア人画家”として紹介される。
  • 1991年ロサンゼルス アートエキスポに出展。
  • 1993年アメリカ合衆国ワシントンDC200年祭芸術展の招待作家となる。
  • 1996年ユニセフ(国際連合児童基金)のポストカードに採用。
  • 1997年アメリカ、ヨーロッパ、日本など世界各国50ヵ所で画業50周年記念絵画展を開催。
  • 2000年生誕77周年記念絵画展を東京など77ヵ所で開催。
  • 2003年80歳の記念版画を発表し、記念絵画展、回顧展を開催。
  • 2005年日伊文化協定締結50周年記念版画「セレブレーション」発表。
  • 2009年来日20周年記念版画発表。国内では伊勢丹、三越、髙島屋、大丸、東急、天満屋など百貨店で展覧会を開催。
  • 2011年88歳記念絵画展を開催。
  • 2014年アートワインクラブの赤ワイン「スペシャルオケージョン」のラベルデザインをする。
  • 2018年11月10日の正午近く、自宅のソファに腰を掛けたまま静かに息を引き取る。医師によれば上品でユーモアにあふれ多くのファンに愛され続けた96年間の人生の終焉をまるで察知していたかのような実に安らかな臨終であったとのこと。

イーダ・ヴァリッキオ

サンデー ウォーク

描かれているのは、イタリア北部のロンバルディア州にあるコモ湖(Lago di Como)へと続く小路。ヨーロッパ有数の避暑地にふさわしく、南北に長いコモ湖の東岸からは、はるか対岸にヴィラカルロッタを望む見晴らしの良い景色が広がっています。両サイドにはさまざまな花が咲き並ぶ道は真直ぐに伸び、その延長線上には白い帆を張るヨットの浮かぶコモ湖が横たわっています。湖面に降り注ぐ夏の光は清々しい空の青さを映しています。さまざまな花が咲き乱れる草原のカラフルな色模様に、透き通るような湖水の青さが絶妙な背景色となっています。

版種 ミクストメディア(シルクスクリーン・ジークレー併用)
限定 96部
画面寸法 33.0×44.0cm
額(軸)寸法 57.0×67.0cm
用紙 コールドプレスブライト紙(アメリカ製)
価格 194,400円(消費税8%込)
その他

制作:2018年
※作家直筆サイン・番号入り

関連商品