メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > 前田青邨『みやまの四季-特装版-』

前田青邨

みやまの四季-特装版-

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

前田青邨(まえだ せいそん) 略歴

  • 1885年 岐阜県中津川市に生まれる。本名廉造。
  • 1897年 中津川尋常高等小学校卒業。
  • 1901年 上京し、尾崎紅葉の紹介で梶田半古の塾に入る。
  • 1902年 日本絵画協会・日本美術院連合絵画共進会に入選。
  • 1907年 紅児会に入る。
  • 1914年 日本美術院が再興され、再興第一回院展に「竹取物語(竹取)」、「湯治場」の二作品を出品、同人に推挙される。
  • 1920年 延暦寺より伝教大師絵伝のうち、「根本中堂落慶供養図」を依嘱される。
  • 1930年 「洞窟の頼朝」(重要文化財)で第一回朝日賞受賞。
  • 1937年 帝国芸術院会員となる。
  • 1944年 帝室技芸員となる。
  • 1951年 東京藝術大学教授となる。
  • 1955年 文化勲章受章。中津川市名誉市民となる。
  • 1959年 香淳皇后の絵画の指導を始める。
  • 1964年 日光二荒山神社宝物館壁画「山霊感應」を完成、奉納する。
  • 1966年 郷里に中津川市青邨記念館が解説される。
  • 1974年 ローマ法皇庁の依頼による「細川ガラシャ夫人像」を完成、バチカン美術館に納める。
  • 1977年 逝去。享年92

前田青邨

みやまの四季-特装版-

文化勲章受章作家・前田青邨の「みやまの四季」の複製画です。
紅白梅、桜、藤、紅葉、木蓮など日本の季節を彩る花木と何種類もの小禽が一つの画面に描かれています。四季は巡り続けることから「永遠に続く繁栄」を意味した吉祥花鳥画です。デザイン性に富み洒落た構図は青邨の真骨頂で、華やかながら上品な作品です。

版種 彩美版® シルクスクリーン手刷り、一部本金泥使用
限定 500部(※今回の販売は10点のみ)
画面寸法 35.0×60.6cm
額(軸)寸法 52.8×78.3×4.5cm
重量 約3.3kg
価格 184,800円(消費税10%込)
その他

額縁:特製木製額金泥仕上げ、アクリル付き、金襴張りマットに銘板

証明:額裏に著作権承認印・限定番号入り証書を貼付

解説:川口 直宜(美術評論家、前・泉屋博古館分館長)

前田青邨(まえだ せいそん) 略歴

  • 1885年 岐阜県中津川市に生まれる。本名廉造。
  • 1897年 中津川尋常高等小学校卒業。
  • 1901年 上京し、尾崎紅葉の紹介で梶田半古の塾に入る。
  • 1902年 日本絵画協会・日本美術院連合絵画共進会に入選。
  • 1907年 紅児会に入る。
  • 1914年 日本美術院が再興され、再興第一回院展に「竹取物語(竹取)」、「湯治場」の二作品を出品、同人に推挙される。
  • 1920年 延暦寺より伝教大師絵伝のうち、「根本中堂落慶供養図」を依嘱される。
  • 1930年 「洞窟の頼朝」(重要文化財)で第一回朝日賞受賞。
  • 1937年 帝国芸術院会員となる。
  • 1944年 帝室技芸員となる。
  • 1951年 東京藝術大学教授となる。
  • 1955年 文化勲章受章。中津川市名誉市民となる。
  • 1959年 香淳皇后の絵画の指導を始める。
  • 1964年 日光二荒山神社宝物館壁画「山霊感應」を完成、奉納する。
  • 1966年 郷里に中津川市青邨記念館が解説される。
  • 1974年 ローマ法皇庁の依頼による「細川ガラシャ夫人像」を完成、バチカン美術館に納める。
  • 1977年 逝去。享年92
  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら

関連作品