メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > 後藤純男『秋の談山神社 多武峰(たんざんじんじゃ とうのみね)』

後藤純男

秋の談山神社 多武峰(たんざんじんじゃ とうのみね)

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

後藤純男(ごとう すみお) 略歴

  • 1930年 千葉県東葛飾郡に生まれる。
  • 1946年 山本丘人に師事。後に田中青坪に師事。
  • 1974年 日本美術院同人に推挙。
  • 1976年 再興第61回院展で「仲秋」が文部大臣賞受賞。
  • 1997年 北海道上富良野町「後藤純男美術館」開館。
  • 2001年 中国の西安美術学院研究棟内に「後藤純男工作室」が落成。
  • 2006年 春の叙勲で旭日小綬章を受章。
  • 2016年 日本芸術院賞・恩賜賞受賞。
  •      10月に逝去。享年87。

後藤純男

秋の談山神社 多武峰(たんざんじんじゃ とうのみね)

本作に描かれた談山神社は奈良県桜井市の多武峰にあり、桜と紅葉の名所として知られています。
藤原鎌足の長男・定慧和尚が唐より帰国後、亡き父の墓を多武峰に移し、十三重塔を建立したことが発祥です。後の大宝元年(701年)に神殿が創建され、御神像が祀られました。
談山神社の名は、この地で大化の改新についての話し合いがされたことから「談(かたら)い山」「談所ヶ森(だんじょがもり)」と呼ばれたことに由来します。

版種 彩美版、シルクスクリーン手刷り 本金泥使用
限定 500部
画面寸法 36.0cm×72.5cm
額(軸)寸法 57.0×93.5cm
重量 約6.1kg
用紙 かきた
価格 264,000円(消費税10%込)
その他

■原画所蔵、監修:後藤純男美術館

後藤純男(ごとう すみお) 略歴

  • 1930年 千葉県東葛飾郡に生まれる。
  • 1946年 山本丘人に師事。後に田中青坪に師事。
  • 1974年 日本美術院同人に推挙。
  • 1976年 再興第61回院展で「仲秋」が文部大臣賞受賞。
  • 1997年 北海道上富良野町「後藤純男美術館」開館。
  • 2001年 中国の西安美術学院研究棟内に「後藤純男工作室」が落成。
  • 2006年 春の叙勲で旭日小綬章を受章。
  • 2016年 日本芸術院賞・恩賜賞受賞。
  •      10月に逝去。享年87。
  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら

関連作品