ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

富岡鉄斎(とみおか てっさい) 略歴

  • 1836年 京都に生まれる
  • 1859年 羅渓慈本に詩文を学ぶ
  • 1867年「銕荘茶譜」を出版
  • 1869年 立命館の教員となる。「称呼私弁」「山陽詩註」を出版
  • 1877年 大鳥神社官司となる
  • 1886年 京都青年絵画研究会の品評員となる
  • 1892年 京都美術協会評議員となる
  • 1893年 京都市美術工芸学校教員となる
  • 1895年 日本青年絵画共進会協議員となる
  • 1896年 「旧蝦夷風俗画」を描く
  • 1897年 田能村直入らと日本南画協会を発足
  • 1908年 「阿倍仲麻呂唐明州望月図・群仙高会図」双幅完成
  • 1913年 堀川頭瑞院「大石山科幽居」襖絵12枚を制作
  • 1914年 「阿倍仲麻呂明州望月図・円通大師呉門隠栖図」六曲屏風一双を制作
  • 1917年 帝室技芸員となる
  • 1919年 帝国美術院会員となる
  • 1922年 画集「百東坡図」刊行
  • 1924年 死去。享年88

あらゆる近代画法を自在に駆使する天賦の才能を持ち、西洋文明の導入期に日本的な内面世界と絵画の理想郷を表現し続けた孤高の巨人、富岡鉄斎。歳を重ねるごとに熟達を深める作品群から、晩年の作とは思えない、活力に満ちた文人画の傑作を原寸大で複製
しました。正倉院文書の複製事業でも用いられている技法・コロタイプによって、滴る墨の濃淡や筆の勢いまでも再現しています。
作品は全て「鉄斎美術館」を併設し、《鉄斎寺》との呼び声高い、清荒神澄寺の所蔵品。三宝荒神が祀られ、鉄斎の平和精神と呼応します。
---------------------------------------------

「聖者舟遊図」(せいじゃしゅうゆうず)

仏教・儒教・道教の各教祖が一舟に同乗して蓮の花の満開する池で遊んでいるという、理想の平和境を描いたものである。

版種 コロタイプ
画面寸法 128×35cm
額(軸)寸法 191.8×52.7cm
価格 136,400円(消費税10%込)
その他

原画制作:1924年(大正13年)

所蔵:清荒神澄寺

※この作品はお届けまで約1ヵ月お時間をいただきます。

関連商品