ご購入の流れ

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

開田風童(かいだ ふうどう) 略歴

  • 1950年 福岡県に生まれる。
  • 1972年 東京デザイナー学院卒業。
  • 1988年 童画を描き始める。
  • 1987年 第18回中原悌二郎賞優秀賞受賞
  • 1991年 第1回Sculpture創’91展(ギャラリーせいほう)・真髄を求めて・彫刻4人展(現代彫刻センター)
  • 1993年 カレンダー『あのころ』発表。
  • 1997年 個展開催。(徳山市美術博物館ほか)
  • 1998年 月刊誌『財界九州』11・12月号で紹介される。
  • 1999年 広島市・和歌山市・神戸市にて個展。
  • 他、現在までに個展等、多数開催。

テレビや雑誌などにもたびたび取り上げられ、ぬくもりある童画で人気の開田作品です。

満開のさくらの下でむじゃきに遊ぶ子供たちがかわいらしく、あたたかな郷愁を感じる作品です。

版種 MMシステム
限定 280部
画面寸法 39.2×45.6cm
額(軸)寸法 65.5×71cm
用紙 モデラトーン
価格 132,000円(消費税10%込)
その他

直筆サイン・番号入り

 

※MMシステムとは:デジタルデータに原画に近づけるため色補正を施し、さらにデジタルではあらわせない色をシルクスクリーンで補う印刷技術です。

 

関連商品