メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > 横山大観『霊峰春色(れいほうしゅんしょく)』

横山大観

霊峰春色(れいほうしゅんしょく)

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

横山大観(よこやまたいかん) 略歴

  • 1868年 茨城県に生まれる
  • 1893年 東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業
  • 1898年 日本美術院創立に参画
  • 1914年 下村観山らと日本美術院を再興
  • 1930年 イタリアに美術使節として出発
  • 1935年 帝国美術院会員となる
  • 1937年 第1回文化勲章を受章
  • 1958年 逝去。享年89

横山大観

霊峰春色(れいほうしゅんしょく)

日本画壇の第一人者・横山大観による、雲間からのぞく荘厳な富士へ桜が華やかさを添えている、格調高い春の作品です。

版種 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
限定 200部
画面寸法 50.0×65.0cm
額(軸)寸法 71.0×86.0cm
用紙 特製絹本
価格 275,000円(消費税10%込)
その他

監修:横山隆

原画所蔵:桑山美術館
限定番号・監修者の承認印入り証紙を奥付に貼付

横山大観(よこやまたいかん) 略歴

  • 1868年 茨城県に生まれる
  • 1893年 東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業
  • 1898年 日本美術院創立に参画
  • 1914年 下村観山らと日本美術院を再興
  • 1930年 イタリアに美術使節として出発
  • 1935年 帝国美術院会員となる
  • 1937年 第1回文化勲章を受章
  • 1958年 逝去。享年89
  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら

関連作品