メインコンテンツへスキップ
トップページ > 美術品を探す > クロード・モネ『睡蓮』

画像にカーソルを乗せると拡大してご覧いただけます。

クロード・モネ(くろーどもね) 略歴

  • 1840年 パリに生まれる。
  • 1845年 一家はノルマンディーのル・アーヴルに移住。
  • 1858年 ウージェーヌ・ブーダンに出会い、戸外で風景画を描く。
  • 1859年 パリに移る。
  • 1871年 アルジャントゥイユに移り住む。
  • 1874年 第一回印象派展、パリで開催される。この展覧会に《印象・日の出》を出品。
  • 1879年 妻カミーユ没。
  • 1883年 ジヴェルニーに転居。
  • 1892年 《ルーアン大聖堂》の連作にとりかかる。
  • 1900年 デュラン=リュエル画廊にて《睡蓮》の連作12作品を発表。
  • 1908年 この頃から視力の低下を自覚。
  • 1914年 《睡蓮》大装飾画の制作を開始(~1926年)。
  • 1916年 この頃《睡蓮》(国立西洋美術館所蔵)を制作。
  • 1926年 ジヴェルニーにて没。享年86。

本作品の原画は、国立西洋美術館の礎となった松方コレクションを代表する一枚です。印象派を代表する画家モネの代名詞というべき「睡蓮」の世界を深く堪能でき、鮮やかで重層的な色彩が観る人の心を豊かにしてくれます。

 

作品写真(左):Photo:NMWA/DNPartcom

※作品のお届けまでに、ご入金確認後、約2から3週間お時間をいただきます。

版種 彩美版® シルクスクリーン手刷り
限定 300部
画面寸法 天地52.9×左右53.0cm
額(軸)寸法 天地66.1×左右66.1×厚さ2.8cm
重量 約3.1kg
用紙 キャンバス
価格 154,000円(消費税10%込)
その他

解説:馬渕明子(美術史家・国立西洋美術館第10代館長)

原画所蔵・監修:国立西洋美術館

クロード・モネ(くろーどもね) 略歴

  • 1840年 パリに生まれる。
  • 1845年 一家はノルマンディーのル・アーヴルに移住。
  • 1858年 ウージェーヌ・ブーダンに出会い、戸外で風景画を描く。
  • 1859年 パリに移る。
  • 1871年 アルジャントゥイユに移り住む。
  • 1874年 第一回印象派展、パリで開催される。この展覧会に《印象・日の出》を出品。
  • 1879年 妻カミーユ没。
  • 1883年 ジヴェルニーに転居。
  • 1892年 《ルーアン大聖堂》の連作にとりかかる。
  • 1900年 デュラン=リュエル画廊にて《睡蓮》の連作12作品を発表。
  • 1908年 この頃から視力の低下を自覚。
  • 1914年 《睡蓮》大装飾画の制作を開始(~1926年)。
  • 1916年 この頃《睡蓮》(国立西洋美術館所蔵)を制作。
  • 1926年 ジヴェルニーにて没。享年86。
  • 資料請求はこちら
  • ご注文はこちら

関連作品